「奇譚クラブ」の絵師たち (河出文庫)

 

『薔薇族』編集長 (幻冬舎アウトロー文庫)

 

戦後エロマンガ史

 

武士道とエロス (講談社現代新書)

 

性風俗史年表 昭和戦後編―1945-1989

 

性風俗史年表 大正・昭和[戦前]編

 

性風俗史年表 1868‐1912 明治編

 

消える「新宿二丁目」―異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?

 

アメリカ性革命報告 (文春文庫 (330‐1))

 

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

 

夜這いの民俗学・夜這いの性愛論

 

熟女の旅 (ちくま文庫)

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  


(以下の内容には裏づけがとれていない情報も含まれます)



・元々現場となった山の名前は「八郎山」であった。ところが心中事件の第一報を報じた東京日日新聞の記者が、「詩情に欠ける山名」ということで、大磯駅近辺の小字の「坂田」を冠して、勝手に「坂田山」と命名した


・「怪異の謎ついに解く 令嬢死体泥棒は六十五歳の陰亡 十日目にやっと自白 おぼろ月夜に物凄い死体愛撫 美人と聞いて尖った猟奇心」


・遺体掘り返し事件の裏には、地元の政友会と憲政党の派閥争いが糸を引いている可能性


・この事件以降坂田山での後追い心中が流行し地元は大変迷惑したが、映画公開後は現地までゆくのが面倒なのか、スクリーンのなかの心中場面にあわせて一緒に服毒し自殺を遂げる若者もいたという

いつの時代も横着者はいる




参考:「定本 犯罪紳士録 (ちくま文庫)」小沢信男  他
[ 2008-11-11 (Tue) 21:43 ]  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。