「奇譚クラブ」の絵師たち (河出文庫)

 

『薔薇族』編集長 (幻冬舎アウトロー文庫)

 

戦後エロマンガ史

 

武士道とエロス (講談社現代新書)

 

性風俗史年表 昭和戦後編―1945-1989

 

性風俗史年表 大正・昭和[戦前]編

 

性風俗史年表 1868‐1912 明治編

 

消える「新宿二丁目」―異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?

 

アメリカ性革命報告 (文春文庫 (330‐1))

 

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

 

夜這いの民俗学・夜這いの性愛論

 

熟女の旅 (ちくま文庫)

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  


リンネは「自然分類法」 (1758)にて、狼少年など野生動物に育てられた人間を人類の亜種とみなし、彼のいう「神の財産目録」に区分けした

四足で歩き、言葉を用いえず、毛深いことをその特色とし、根拠確かな9例を実際に挙げて紹介している

--

ロシア・リスアニア地方の森で、熊の一群に二人の少年が混じっているのを、数人の猟師が見た。彼らは、そのうちの一人、九歳くらいで、逞しく、整った顔立ちの少年を捕らえ、ワルシャワへ連れ帰った。

彼はそこで王族や貴族に可愛がられた。彼を教育し言葉を覚えさせようとしたがこれは失敗に終わった。
しかし誰かが「イエス・キリスト!」と叫ぶと、上を見て、腕を天に伸ばすことを覚えた。

彼は数回に渡り森へと逃げ、あるときは、人間を二人殺した悪名高い熊と情愛のこもった抱擁を交わしているところを目撃されている

--

当時のリスアニア地方には、熊に育てられた子どもがずいぶんといたという
[ 2008-07-30 (Wed) 11:23 ]  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。