「奇譚クラブ」の絵師たち (河出文庫)

 

『薔薇族』編集長 (幻冬舎アウトロー文庫)

 

戦後エロマンガ史

 

武士道とエロス (講談社現代新書)

 

性風俗史年表 昭和戦後編―1945-1989

 

性風俗史年表 大正・昭和[戦前]編

 

性風俗史年表 1868‐1912 明治編

 

消える「新宿二丁目」―異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?

 

アメリカ性革命報告 (文春文庫 (330‐1))

 

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

 

夜這いの民俗学・夜這いの性愛論

 

熟女の旅 (ちくま文庫)

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  



 それはともかく、こういう猟奇エッセイで重宝がられたのが医学畑の作家であることは今も昔も変わりない。死体や精神病に日常で接しているのだからネタには困らないし、一般人が眉をひそめるそういう事物を、科学者の冷静さでタンタンと語るその語り口がまた猟奇的というので喜ばれたのだろう。大正時代のエログロ・ブームから戦後のカストリ時代まで、こういったエッセイは医者の結構なアルバイトだった。
 なかでも大物はかの文豪・森鴎外の息子の森於莵であろう。東大の医局に勤めるかたわら父にならって文筆に手をそめ、『解剖台に凭りて』というエッセイ集などがあるが、この中に、研究用の死体の断面標本を作る話がある。どうやるかというと(大型冷蔵庫もなかった時代のことで)、冬のさなかに死体に塩水をまぶして屋外へ放置しておき、ほどよく凍ったところをノコギリで引き切るのである。
 切り役の職人と彼の、
「おい、切断面が少しボロボロするぜ。溶けてきたのじゃないか」
「なあに、少しくらい鋸クズが出るのは仕方ありませんや」
 なんて会話は実にゾクゾクする。





トンデモ怪書録―僕はこんな奇妙な本を読んできた (光文社文庫)   P83-84 部分抜粋



[ 2009-06-03 (Wed) 08:59 ]  







一か月前20歳の息子が山中で首をつって自殺しました。出掛ける時「メシいらないから」と言って普段と変わりなく見えた息子に、夕飯作りが面倒な私は「ラッキー」と言って送り出しました。死のうとしている息子に最後にかけた言葉がラッキーです。

【1553】息子が首をつって自殺しました





via : Good Conduct Well-Chastised

[ 2009-05-14 (Thu) 19:33 ]  








「自分の愛してゐるものの質が悪ければそれを愛する自分の質も悪くなる」










[ 2009-05-11 (Mon) 13:55 ]  

salbook4-1.jpg


シュレディンガー音頭 -Wikipedia

シュレディンガー音頭(-おんど)は、量子力学を題材に取った世界に類を見ない音頭。量子力学用語をちりばめた歌詞と、それをイメージした振り付けが特徴である。

1980年代に、西森拓(その後茨城大学助手、大阪府立大学助教授を経て現在広島大学教授、東京工業大学物理学科西森秀稔の弟)によって考案された。1984年、物性物理学の若手研究者たちによるセミナー「物性若手夏の学校」での夜の懇親会において披露され、全国の研究者に広まった。

シュレディンガー音頭デビュー

第29回物性若手夏の学校の宴会も佳境のころ、一人の男が突如として「プサイにファイ! プサイにファイ!」」という満場の合いの手を誘いながら踊り出た。それは東京理科大学から参加していた西森氏であった。ψにΦの振りと共にこの掛け声が数回繰り返されると、彼は眼を閉じ首を振りながら、「♪チョイと出ましたシュレディンガー、あなたとわたしのシュレディンガー」と続けた。

前述の囃子詞と手拍子の合いの手をはさみながら、「サイン、コサイン、タンジェント」や「井戸型、谷型、周期型」などの即興的歌詞とその形態を模した見事な身体表現を見せ、さらに「アニ~ル、アニ~ル、クェンチ!」や「拡散項~!」など量子力学、統計力学あるいは非線形物理などからの基本用語ほかさまざまな物理概念を歌い、会場からのリクエストに応えた即興も織り交ぜて場を大いに盛り上げた。その夜、異色の天才出現に多くのまじめな若手研究者が強烈な印象を受けたことは言うまでもない。

なお、この最も初期のバージョンには「世の中すべて波だらけ」という説教調で拍子に乗りにくい歌詞は含まれていなかった。元祖のシュレディンガー音頭は物理用語の羅列からなる歌詞を基本としていた。



以下歌詞引用元 http://2chart.fc2web.com/schrodinger.html
なお、動きに関してはこちらで確認することができます



シュレディンガー音頭
作詞:Erwin Schroedinger 原詩:ドイツ語

ψにφ ψにφ 世の中全て波だらけ
ψにφ ψにφ あなたと私のシュレディンガー
ψにφ ψにφ サイン コサイン タンジェント
ψにφ ψにφ 井戸型 谷型 周期型
ψにφ ψにφ 井戸型 谷型 周期型
ψにφ ψにφ ゼーマン ゼーマン
ψにφ ψにφ 異常ゼーマン 異常ゼーマン
ψにφ ψにφ ボース凝縮 ボース凝縮
ψにφ ψにφ フェルミ縮退 フェルミ縮退
ψにφ ψにφ DNA DNA
ψにφ ψにφ 超流動 超流動
(二人で)
ブラケット ブラケット
プロダクト
プロジェクション
(大勢で)
経路積分



・その他各種物理学音頭 


アインシュタイン音頭 1番
mc^2 mc^2 世の中全てエネルギー
mc^2 mc^2 あなたと私のアインシュタイン
mc^2 mc^2 フォトン トレイン 慣性系
mc^2 mc^2 光速 不変 相対性
mc^2 mc^2 光速 不変 相対性
mc^2 mc^2 ローレンツ ローレンツ
mc^2 mc^2 ミンコフスキー 光円錐
mc^2 mc^2 時間 遅延
mc^2 mc^2 空間 縮小
mc^2 mc^2 質量 増大
mc^2 mc^2 原子爆弾 原子力
(二人で)
E= mc^2
ドップラー
スターボウ
(大勢で)
特殊相対論

アインシュタイン音頭 2番
gμν gμν 世の中全て幾何だらけ
gμν gμν あなたと私のアインシュタイン
gμν gμν 重力 加速 エレベーター
gμν gμν 等価 原理 相対性
gμν gμν 等価 原理 相対性
gμν gμν リーマン リーマン
gμν gμν ブラックホール 特異点
gμν gμν 微分幾何 測地線
gμν gμν 水星 近日点移動
gμν gμν 重力レンズ 重力波
gμν gμν ビッグバン 宇宙項
(二人で)
共変 反変
テンソル
シュバルツシルト
(大勢で)
一般相対論


ゲルマン音頭
uにd uにd 世の中全て素粒子だらけ
uにd uにd あなたと私のマレイ・ゲルマン
uにd uにd クォーク エース 八道説
uにd uにd 赤 緑 青
uにd uにd 赤 緑 青
uにd uにd アップ ダウン
cにs cにs チャーム ストレンジ
bにt bにt ボトム トップ
uにd uにd uudで 陽子
uにd uにd uddで 中性子
uにd uにd d~d、u~uで π0中間子
(三人で)
SU(3)
グルーオン
グルーボール
(大勢で)
量子色力学


ニュートン音頭
Fma Fma 世の中全て重力だらけ
Fma Fma あなたと私のアイザック・ニュートン
Fma Fma りんご 惑星 重力場
Fma Fma 時間 空間 質量
Fma Fma 時間 空間 質量
Fma Fma ニュートン ニュートン
Fma Fma 第1 慣性
Fma Fma 第2 運動
Fma Fma 第3 作用・反作用
Fma Fma 自由落下 楕円運動
Fma Fma 面積速度一定
(二人で)
微分 積分
F= ma
プリンピキア
(大勢で)
万有引力


マクスウェル音頭
EとB EとB 世の中全て電磁波だらけ
EとB EとB あなたと私のマクスウェル
EとB EとB 抵抗 コイル コンデンサー
EとB EとB 電子 光子 電磁場
EとB EとB 電子 光子 電磁場
EとB EとB クーロン クーロン
EとB EとB 電気 磁石
EとB EとB 静電場 ガウス
EとB EとB 電流 アンペール
EとB EとB 電磁誘導 ファラデー
EとB EとB 電磁波 マクスウェル
(二人で)
電場 磁場 電波
スカラー積
ベクトル積
(大勢で)
電磁気学

ポール・ディラック音頭
<|に|>
<|に|>
世の中全て反粒子だらけ
<|に|>
<|に|>
反陽子陽電子反水素
<|に|>
<|に|>
(二人で)
プロダクト
プロジェクション
対生成
対消滅
(大勢で)
ディラックのヒモ
ディラックの海


ウィッテン音頭
τσ τσ 世の中全てひもだらけ
τσ τσ あなたと私のウィッテン
τσ τσ 弦理論 M理論 11次元
τσ τσ 閉弦 開弦 ヘテロ型
τσ τσ 閉弦 開弦 ヘテロ型
τσ τσ サイバーグ サイバーグ
τσ τσ 重 電 強 弱
τσ τσ S双対 T双対
τσ τσ U双対 超対称
τσ τσ 量子重力 共形場
τσ τσ Dブレイン 膜宇宙
(二人で)
I IIA IIB
HO HE
カラビヤウ多様体
(大勢で)
超弦理論

ヤン-ミルズ音頭
Fμν Fμν 世の中全てゲージだらけ
Fμν Fμν あなたと私のヤン-ミルズ
Fμν Fμν 弱い相互作用 非可換
Fμν Fμν ゲージ 対称 ユニタリー
Fμν Fμν ゲージ 対称 ユニタリー
Fμν Fμν ゲージ理論 ゲージ理論
Fμν Fμν 弱アイソスピン 空間
Fμν Fμν ゲージ 不変性
Fμν Fμν パウリ 行列
Fμν Fμν ヤン-ミルズ 場
Fμν Fμν ヤン-ミルズ 方程式
(二人で)
U(1) SU(2)
共変微分
テンソル
スカラー積
(大勢で)
ヤン-ミルズ理論

ワインバーグ-サラム音頭
WにZ WにZ 世の中全て電弱力だらけ
WにZ WにZ あなたと私のワインバーグ-サラム
WにZ WにZ 電磁気力 弱い相互作用
WにZ WにZ Wボゾン Zボゾン フォトン
WにZ WにZ Wボゾン Zボゾン フォトン
WにZ WにZ グラショー グラショー
WにZ WにZ 電荷 弱荷
WにZ WにZ W+ W-
WにZ WにZ Z0 γ
WにZ WにZ 真空 ヒッグス粒子
WにZ WにZ 宇宙創成 はじめの三分間
(二人で)
SU(2)×U(1)
ヤン-ミルズ理論
ゲージ理論
(大勢で)
電弱統一理論



上部参考画像  シュレディンガーの猫がいっぱい


[ 2009-04-27 (Mon) 11:35 ]  



三島由紀夫氏と私とのあいだでは、大抵のことに意見の一致を見たが、意見というよりも趣味に関することで、一致しないことが一つだけあった。それは何かというと、畸形に関する興味の有無である。
三島氏は私の家へ遊びに来るたびに、何かブルータルな絵を見せてほしい、と私に要求したものであった。それが度重なり、私の乏しいコレクションも底がつきそうになったので、私はあるとき、フランスの雑誌「ビザール」の畸形特集号(一九六一年二月)を氏に見せた。小人や巨人や、全身毛だらけの人間や、各種のシャム双生児や、三本足の人間や、異常に肥満した人間などのグロテスクな写真を集めた、かなりショッキングな写真集である。
三島氏は二、三ページめくると、もう見るに堪えず、両手で顔をおおって、「ああ、気持が悪い。僕は残酷は大好きだけれども、畸形はとても駄目だ」と洩らした。その閉口したような様子がいかにもおかしかったので、私は思わず噴き出したものであった。



澁澤龍彦「ジョルジュ・バタイユ 比喩としての畸形について」 抜粋



[ 2009-03-18 (Wed) 23:16 ]  



昭和46年(1971)


東京・池袋署に逮捕歴26回の街娼(59)がまたも捕まる。戦後苦労を重ね、40歳過ぎてようやく幸せになったが、「この幸福が長続きするとは思えない」という不安から、「セックスしている時は男はやさしくしてくれる」として44歳で街娼となったもの。精神分裂病の鑑定を命じられた東京医科歯科大の福島章は、「人生観が特異なだけ」と判定。


(「性風俗史年表戦後編」p226 売春・セックス産業項)





冷静な福島先生



[ 2009-01-30 (Fri) 15:50 ]  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。